新人看護師研修を担当するための心構え

新人看護師への教育の仕方

新人看護師への教育の仕方

新人看護師に対して教育を行うのは、
病院が患者さんに提供する看護の水準を一定に保証し、
患者さんに質の高い看護を提供するためです。

 

新人看護師が、先輩看護師から色々教えてもらいながら
一生懸命に頑張っている姿に心を打たれる場面にも遭遇します。

 

ですが、教育を受けながら、看護を実践している状態が
パンク寸前で、いつつぶれるか分からないという状態の人もいます。

 

新人看護師だけでなく、
教育担当者も、さまざまなプレッシャーやストレス、
そして看護の実践でパンク寸前の人も多いです。

 

このように、誰もがパンク寸前の状態の組織が
良い状態であるといえないことは
ちょっと考えれば借ります。

 

みんながそれぞれ一生懸命だという点においては、
とてもすばらしい現場なのですが、
できれば、少しでも楽に、楽しく看護を考え、
より良い看護に向き合うことができれば良いのではないでしょうか。

 

看護という現場では、患者さんの苦しむ姿が目の前にあり、
その中で、「楽に」とか「楽しく」と考えるのは
よくないことだと捉えてしまう人もいると思います。

 

ですが、ベテランの看護師であれば、
看護師としての「喜び」や看護師という仕事の「楽しさ」を知っているはずです。

 

それを新人看護師に教えることは無理なことでしょうか?

 

看護を必至に行うことは大切です。

 

しかし、教育を担当する教育者が、
「このようにすれば看護の喜びが感じられる」という手段を
新人看護師に伝えることはできると思います。

 

それは、机上では伝わりませんし、
いくら言葉で話をしても伝わりません。

 

新人看護師とともに患者さんに看護を提供しながら、
看護の喜びを感じながら働く姿を
新人看護師に見せることによって伝わると思います。

 

自分の知識を必至に伝えよう、教えようと頑張ってしまうのは分かります。
ですが、それだけでなく、
患者さんから信頼され、看護を楽しむ背中を見せるほうが、
新人看護師の「私も、このような看護師になりたい!」
という意欲を駆り立てることができるのではないでしょうか。

 

「このような看護師になりたい!」と、
新人看護師が思うことによって、
「そのためにはどのような勉強をすればよいのだろう?」
と考えたり、
「こんな勉強がしたい!」と目標を持つことができるようになります。

 

「先輩は、新人のときはどのような勉強をしているのですか?」
と、質問されることもあるでしょう。

 

質問された教育者は、積極的に質問してくる新人教育担当者に対し、
意欲の向上が感じられるようになります。

 

そうなれば、「新人に何を言っても糠に釘!」
というようなストレスは、減ってくるのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ