新人看護師研修を担当するための心構え

患者さんのために新人を教育する

患者さんのために新人を教育する

多くの新人看護師研修の担当者は、
新人看護師を辞めさせてはいけないというプレッシャーがないように、
悩んでいたら助け、
時にはレールを敷き、
保護し、とにかく新人がつぶれてやめることがないように必至です。

 

そして、新人看護師を教育している教育担当者本人が、
プレッシャーや孤独に苛まれ、つぶれている現状もあります。

 

このようなことを繰り返していたのでは、
いつまでたっても看護師不足は解消されませんし、
新人看護師が育ちません。

 

教育担当者は、新人に教育を提供することが仕事です。
ですから、教育者は、新人に対して質の高い教育を提供することが必要です。

 

そして、教育者は、「患者さんのために新人を育てる」
という意識が必要です。

 

教育担当者も、新人看護師も、
教育期間中は、報酬に見合うだけの看護を提供していません。

 

それでも、当たり前のように給料を手にしています。

 

新人看護師も、教育が辛い、先輩が怖い・・・
などと言っている場合ではなく、
早く報酬に見合うだけの一人前の看護師になるよう
努力しなければならないのです。

 

 

新人看護師の教育の現場は、
学校ではなく職場であるということを、
もう一度認識しておくことが必要なのではないでしょうか。

 

 

では、具体的に、新人看護師に対して教育を行う際は、
どのようにしたら良いのでしょうか。

 

新人看護師は、組織にとって大切な宝です。

 

ですから、一人ひとりを大切に育てることがとても大事です。

 

しかし、人を育てるということの先にある理念を無視していたのでは、
組織の宝として教育しているということにはなりません。

 

新人教育担当者の多くは、
新人の教育そのものを「仕事」として捉えている事が多いです。

 

そして、教育だけでなく、実際の仕事も重なり、
毎日がいっぱいいっぱいです。

 

そのような状況の中で、新人看護師の行動に対し、
憤りや怒りを感じ、
「何のために、この子を育てなければならないのか!」
とストレスを感じている人が多いです。

 

一方、新人看護師のほうは、
自分が何のために教育されているのかを理解していないため、
「私のために色々してくれてありがとう!」
という感じでお気楽です。

 

このお気楽さは、ますます新人看護師担当者を
イライラさせてしまうことになります。

 

そこでもう一度考えたいのですが、
人を育てること、病院で看護師を育てるというのは、
全て患者さんのために行うことです。

 

教育を提供するほう、つまり教育担当者も、
教育をされるほう、つまり新人看護師も、
両者ともが質の高い看護を提供し、
患者さんを護るという共通した目的を持つことが必要です。

 

新人看護師の教育担当者は、
「質の高い看護を提供するために、
新人看護師を育てなければならない」という認識をもって
教育に取り組むことが必要です。

 

そして、新人の教育は、教育担当者のみが行うのではなく、
組織の全ての職員が、
「自分はどのような役割を担うのか?」
ということを考えることが重要です。

 

新人教育の担当者が、プレッシャーや孤独に苛まれ、
つぶれることがないように、
組織が一丸となって、教育担当者の支援をしていくことも
頭に入れておくべきではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ