新人看護師研修を担当するための心構え

新人看護師の教育

新人看護師の教育

新人看護師の教育担当者は、
「育てなければならない」というプレッシャーを強く感じています。

 

そして、自分の「看護師としてのあり方」を
新人看護師に押し付けようとしてしまうなど、
思考が自分本位になってしまうこともあります。

 

また、一生懸命教えているのに、新人看護師の反応が薄く、
何を話しても、何も教えても糠に釘というような反応で、
疲れ果ててしまい、
新人看護師の担当者になりたくないということになってしまい、
新人看護師の担当を任されるのであれば
仕事をやめたい、部署を代わりたいという人も出てきてしまうほどです。

 

 

さて、新人看護師を教育するときには、
どのように教育したらよいのでしょうか?

 

手っ取り早い方法としては、「アメとムチ」という方法があります。

 

たとえば、勉強するように課題を出し、
頑張って勉強し、技術を身につけたら、
何らかの報酬を与えるというものです。

 

しかし、このアメとムチでは、
課題をクリアすることができない人は、見捨ててしまうことになりかねません。

 

また、アメが与えられなければ
頑張ることができない人を育ててしまうことにもなってしまうでしょう。

 

ですから、新人看護師の教育をするためには、
新人看護師が、自ら「学びたい」という気持ちになるようにするのが一番です。

 

そのためには、新人看護師を担当する看護師自らが、
活き活きと働く姿を新人看護師に見せることではないでしょうか。

 

そして、新人看護師が、教育担当者を見て、
「自分も、このような看護師になりたい。」、
「だから勉強しなくてはいけない。」
というように、自分で自分を動機付けることができるよう支援することです。

 

新人看護師は、動機はどうであれ、
看護師になりたいと思って看護学校に入学し、
国家試験に合格した人です。

 

ですが、意気揚々と毎日懸命に、仕事に対して前向きに取り組む人もいますし、
とにかく毎日の決まった作業をこなすだけで精一杯という人もいます。

 

また、数年働いたら辞めよう思っている人もいますし、
看護師長に言われるがままに、淡々と業務をこなし、
突然「やめさせてください」という人もいます。

 

このように、色々な考えを持っている人を教育するのですから、
教育担当者が、新人看護師の教育を難しいと考えているのは当然です。

 

しかも、最近の教育では「良いところを誉めて育てる」というのが主流になっていますが、
中には誉めるところがない人もいます。

 

誉めることができなければ、その人はきっと育たないからと、
必至で誉めるところを探している教育担当者もいます。

 

特に看護師は、人を護りたいという優しい意識を持った人が多いです。

 

ですから、若い新人看護師に対しても優しく、
つい保護してしまうのですが、
保護しているだけでは、新人看護師は育ちません。

 

時には厳しく、新人看護師に対し、どのような意識で看護師として生きて行きたいのかを問い、
自分自身で答えを見つけ出せるように支援することが必要です。

 

優しく見守り、できていない部分にただ手を貸し、
いつも新人看護師から目を離さず、嫌な思いをしないように・・・
というのでは、新人看護師は育ちません。


ホーム RSS購読 サイトマップ